回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション部 スタッフ
回復期リハビリテーション病棟とは…

回復期リハビリテーション病棟では、医師をはじめ看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士等、様々な専門スタッフが共同して患者さん一人ひとりの状態に合わせたリハビリテーションサービスを提供します。

 

私たちは、「自立支援」「日常生活動作(ADL)の向上」と「在宅復帰」を目標に回復期リハビリテーション医療を提供しています。

毎日がリハビリです 
365日体制!土・日・祝日も休まず、切れ目のないリハビリテーションを行い、入院患者さんの一日でも早い回復を支えています。

日常生活がリハビリです
リハビリテーションはリハビリテーション室だけで行うものではありません。
日常生活に近い環境を病棟内につくり、自然な形で日常生活を送る上で必要な動作訓練を取り入れたリハビリテーションを行います。日常生活のすべてがリハビリテーションです。

ご自宅に訪問し一緒に在宅復帰を考えます
ご自宅に訪問させていただき自宅の状況に応じたリハビリテーション行います。また、在宅復帰に必要な住宅改修やサービスの調整も一緒に考えます。

チーム医療
患者さんに主に関わるスタッフは、医師(専任)、看護師・准看護師、介護福祉士・介護士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカーです。他に必要に応じて薬剤師、管理栄養士、歯科衛生士等が関わります。一日でも早い回復に協力して丁寧に対応します。

摂食・嚥下障害の改善に取り組みます
摂食・嚥下障害の状態を評価する目的でVF(嚥下造影)検査を実施しています。医師、看護師、言語聴覚士、管理栄養士、歯科衛生士等のチームで対応しています。

 

入院対象となる患者さま

  1. 脳血管疾患(高次脳機能障害含む)、頭部外傷、脊髄損傷等の発症後又は手術後2ヵ月以内の状態
  2. 大腿骨、骨盤、股関節・膝関節又は二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後2ヵ月以内の状態
  3. 外科手術又は肺炎等の治療後安静による廃用性症候群を有する手術後又は発症後2ヵ月以内の状態
  4. 大腿骨、骨盤、股関節・膝関節の神経・筋・靱帯損傷後1ヵ月以内の状態

 

スピーディーな受け入れを目指しています

待機日数(お申し込みから入院まで)早期化を目指しています。

  • お申し込み条件により、待機期間が長くなることも生じますので、
    詳しくは地域連携室までお問い合わせください。

 

 PDF回復期リハビリテーション病棟の入院統計情報(実績・結果に関する事)2013年4月現在

 

まずはお気軽にご相談下さい。TEL:0968-74-1131 担当:地域連携室

 

回復期リハビリ病棟
病室 浴室1 浴室2 洗面台 スタッフ

DL関連資料ダウンロード

  • 回復期リハビリ病棟のご案内 PDF形式(2,010KB)PDFダウンロード 2013年4月1日

 

DL関連リンク

PDFのご利用方法
 

Adobe Reader DownloadこのアイコンはPDFを新しいウインドウで開きます。 PDF形式のファイルをご覧いただくには、「Adobe Reader」のインストールが必要です。


※ Adobe Readerはアドビシステムズ社より、無償で配布されています。
※ Adobe Reader及びAdobe Readerのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。
※ Adobe Readerのインストールについて、ご不明な点はAdobe社へお問い合せください。
※ mini-Iconはfamfamfam.comのCCライセンスを使用しています。