介護保険の届出状況

医療保険の届け出状況介護保険の届け出状況

悠紀会病院の、西3階病棟・4階病棟は厚生労働大臣が定める介護保険法上の基準に適合し、熊本県知事の指定を受けた「指定介護療養型医療施設」です。以下は、厚生労働省令に規定される院内掲示義務のある重要事項等です。 

1.指定介護療養型医療施設の概要

(1)指定介護療養型医療施設の名称等

施設の名称 医療法人 悠紀会病院
施設の所在地 熊本県玉名市上小田1063番地
連絡先 電話番号:0968-74-1131  ファックス番号:0968-74-3821
開設者 医療法人 悠紀会
管理者 病院長・医師 紫藤 忠博
病床数 2階病棟 32床 82床 医療保険が適用される病棟
東3階病棟 50床
西3階病棟 55床 111床 介護保険が適用される病棟
*指定介護療養型医療施設
4階病棟 56床
介護保険事業所番号 指定第4310611167号
指定年月日 平成26年4月1日指定(指定更新)

(2)指定介護療養型医療施設の目的

医療法人悠紀会病院(以下「病院」という。)が実施する指定介護療養型医療施設は、その適正な運営を確保し、療養を必要とする患者さまに対し、適切な指定介護療養施設サービスを提供することを目的とします。


(3)運営方針

  1.  患者さまが、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう施設サービス計画に基づいて、療養上の管理、看護、医学的管理の下における介護その他の世話及び機能訓練その他の必要な医療を行います。
  2.  患者さまの意思及び人格を尊重し、常に患者さまの立場に立って指定介護療養施設サービスの提供に努めます。
  3.  地域や家庭との結び付きを重視した運営を行い、居宅介護支援事業者、居宅サービス事業者、他の介護保険施設及びその他の保健医療サービス又は福祉サービス等を提供する者との密接な連携に努め、総合的なサービスの提供に努めます。
  4.  患者さまの療養及び医学的管理の下における介護の必要性を勘案し、必要性が高いと認められる患者さまの優先的な入院に努めます。

(4)主たる職員の勤務体制等

従業員の職種 員数 勤務区分 職務内容
専従 兼務
管理者 1人 - 1人 指定介護療養施設サービスが適切に提供されるよう従業員の管理、業務の実施状況の把握その他の管理を一元的に行います。
医師 4人
以上
- 4人
以上
患者さまの病状に応じて療養上、妥当かつ適切な診療を行います。
薬剤師 2人
以上
- 2人
以上
指定介護療養施設サービスの提供が適切に行えるよう薬剤管理・調剤・薬品情報の提供等を行います。
看護職員 西3階 10人
以上
10人
以上
- 患者さまの自立支援と日常生活の充実に資するよう心身の状況及び病状に応じて、適切な技術をもって看護・介護を行います。
4階 10人
以上
10人
以上
-
介護職員 西3階 14人
以上
14人
以上
-
4階 14人
以上
14人
以上
-
管理栄養士 1人
以上
- 1人
以上
患者さまの心身の状況、病状及び嗜好等を考慮して栄養管理・栄養指導等を行います。
栄養士 1人 - 1人
理学療法士 3人
以上
- 3人
以上
患者さまの自立支援と日常生活の充実に資するよう心身の諸機能の維持回復を図る目的で必要かつ適切なリハビリテーションを提供します。
言語聴覚機能に障害を持つ患者さまに対して言語機能や聴覚機能に係る訓練を適正に行います。
作業療法士 2人
以上
- 2人
以上
言語聴覚士 2人
以上
- 2人
以上
介護支援
専門員
西3階 1人
以上
1人
以上
- 患者さま及びそのご家族の希望、患者さまについて把握され解決すべき課題並びに診療の方針に基づいて施設サービス計画を作成するともにサービス提供に従事する従業員と適宜において協議を行う等のチーム医療を基本とした連携を図り、同計画の適切な実施及び計画変更等の調整等を行います
4階 1人
以上
1人
以上
-

(5)施設設備の概要等

平成27年7月1日現在
  • 病室・廊下
    【参考】悠紀会病院の病室数内訳 ※全病床(193床、4病棟)が医療法に基づく「療養病床」です。
    病棟名 1床室 2床室 3床室 4床室 合計
    2階病棟 1 0 1 7 9室(32床)
    東3階病棟 2 5 6 5 18室(50床)
    4階病棟 3 1 5 9 18室(56床)
    西3階病棟 1 1 0 13 15室(55床)
    合計 7室 7室 12室 34室 60室(193床)
    1. 病室は、1病床(ベッド)あたり6.4㎡以上の面積が確保されています。
    2. 室温・空調管理、採光、照度(照明)、換気に配慮した構造・設備となっています。
    3. 各ベッドごとに床頭台、ロッカー等を配置し療養生活用品の収納等に配慮されています。
    4. 移動動作に配慮した手摺の設置、段差の解消等が施されています。
  • トイレ
    1. 身体障害者用トイレを適所に必要数、整備しています。
    2. 手摺の設置、スライドドアの改修等、トイレ廻りのADL移動動作に配慮されています。
  • 浴室
    1. 滑りにくい床材、手摺・シャワーチェア等を設置し入浴・移動動作等に配慮しています。
    2. 経管栄養、褥創等の医療依存度の高い患者様に配慮し、臥床状態で入浴可能なシャワー浴装置を設置しています。また、更衣室の広いスペース等にも配慮されています。
  • 食堂・談話室等
    1. 車椅子移動に配慮した広い空間、談話・食事が心地よく行える環境整備を行っています。
    2. 明るく開放的な雰囲気を出すため、家具配置・テーブルクロス装飾等に配慮されています。
  • 機能回復訓練室(リハビリテーション室)
    1. 40㎡以上の床面積を有し、機能訓練を行うに十分な広さが確保されています。
    2. 専用のリハビリテーション設備・機械器具が配置されています。
  • 非常災害設備等
    1. 適切な箇所に必要な非常用階段及び非常用非難器具の設置されています。
    2. 全施設にスプリンクラー設備・煙感知器・消火栓・自動火災報知器・非常放送設備等が関係法令に従い適法な状態で防災設備が整備されています。
    3. 非常災害等に備えた非常用自家発電設備が整備されています。
    4. 防災・消防計画に従い必要な教育・訓練が実施されています。
      *年に2回以上の防災・防火訓練(救急救命訓練含む)が実施されています。

(6)衛生・安全管理の概要等

  1. 患者さまが使用される施設・設備等について、常に衛生的な管理に努めています。
  2.  医薬品の適正な保管・管理、医療用具・生活用具等の適切な維持・管理に努めています。
  3.  院内感染対策委員会と連携し、施設内において感染症が発生・まん延しないよう施設の衛生管理、職員の健康管理等の予防措置に努めています。また、発生に際しても、必要な措置が迅速に実施される体制が整備されています。

(7)身体拘束の制限

患者さま又は他の患者さま等の生命又は身体を保護するため緊急やむを得ない場合を除いて、身体的拘束その他患者さまの行動を制限する抑制行為は行いません。


2.指定介護療養施設サービスの内容と利用料

介護サービス費は、施設サービス費(要介護状態区分に応じて定められた費用)と個別サービス費(特定診療費)の合計額によります。
利用料は、この 介護サービス費合計の1割 居住費 及び 食費の合算 をお支払いいただきます。

  1. 上記の介護サービス費の自己負担額が「一定の額」を超えますと、その額を超えた分が後ほど払い戻される制度があります(「高額介護サービス費」)。手続きを必要としますので詳しくはご相談下さい。
  2. その「一定の額」とは、
    • 一般(利用者負担第4段階以上)・・・月額37,200円
    • 市町村民税世帯非課税者で課税年金収入80万円超266万円未満の方(利用者負担第3段階)・・・月額24,600円
    • 市町村民税非課税者で課税年金収入80万円以下の方(利用者負担第2段階)・・・月額15,000円
    • 老齢福祉年金受給者等(利用者負担第1段階)・・・月額15,000円

 

介護サービス費(1)

  サービス内容 サービス費



│ビ

医療
看護
医師・看護職員が患者さまの状態に
照らして適切な医療・看護を行います。
基本施設サービス費(療養機能強化型A)
〈多床室〉
①要介護1…1日あたり  7,780円
②要介護2…1日あたり  8,860円
③要介護3…1日あたり  11,190円
④要介護4…1日あたり  12,180円
⑤要介護5…1日あたり  13,070円

〈従来型個室〉
①要介護1…1日あたり  6,690円
②要介護2…1日あたり  7,770円
③要介護3…1日あたり  10,100円
④要介護4…1日あたり  11,090円
⑤要介護5…1日あたり  11,980円

短期入所療養介護サービス費(強化型A)
〈多床室〉
①要支援1…1日あたり  6,120円
②要支援2…1日あたり  7,670円

①要介護1…1日あたり  8,280円
②要介護2…1日あたり  9,360円
③要介護3…1日あたり  11,690円
④要介護4…1日あたり  12,680円
⑤要介護5…1日あたり  13,570円

〈従来型個室〉
①要支援1…1日あたり  5,510円
②要介護2…1日あたり  6,850円

①要介護1…1日あたり  6,690円
②要介護2…1日あたり  7,770円
③要介護3…1日あたり  10,100円
④要介護4…1日あたり  11,090円
⑤要介護5…1日あたり  11,980円

*夜勤職員の勤務加算 …1日あたり140円
*栄養ケア・マネジメント加算 …1日あたり140円
*療養食加算    …1日あたり180円
*経口摂取移行加算 …1日あたり280円
*経口摂取維持加算 …1日あたり 50円
*サービス提供強化加算…1日あたり120円
*口腔機能維持管理体制加算…1日あたり300円
*口腔機能維持管理加算…1日あたり1,100円
*介護職員処遇改善加算(Ⅰ)
*認知症行動・心理症状の緊急対応加算…1日あたり2,000円
排泄 排泄の介助やオムツを使用される方の
オムツ交換なども適時において適切に行います。
入浴
清拭
週に2回以上の入浴を行ないます。入浴の際は、職員の見守り・介助など必要なお手伝いをさせていただきます。ただし、患者さまの身体の状況に応じて清拭となる場合があります。
離床 ご本人の自立を促し、寝たきりを防ぐため、毎日の離床のお手伝いを行います。
着替え
整容
毎日、適時に着替え・整容のお手伝をします。

 

介護サービス費(2)

  サービス内容 サービス費







 



療費
初期加算(入院時より30日間) 1日あたり 300円
初期入院診療管理(入院中2回まで) 1回あたり 2,500円
退院時
指導等加算
退院前後訪問指導加算 1回あたり 4,600円
退院時指導加算 1回あたり 4,000円
退院時情報提供加算 1回あたり 5,000円
退院前連携加算 1回あたり 5,000円
感染対策指導管理 1日あたり 50円
褥創対策指導管理 1日あたり 50円
医学情報提供(Ⅰ) 1回あたり 2,200円
医学情報提供(Ⅱ) 1回あたり 2,900円
リハビリ
テーション
理学療法(Ⅰ) 1回あたり 1,230円
理学療法(Ⅰ)入院4ヶ月経過した月の11回目以降 1回あたり 860円
理学療法リハビリ体制強化加算 1回あたり 350円
作業療法 1回あたり 1,230円
作業療法 入院4ヶ月経過した月の11回目以降 1回あたり 860円
作業療法リハビリ体制強化加算 1回あたり 350円
言語聴覚療法 1回あたり 2,030円
言語聴覚療法 入院4ヶ月経過した月の11回目以降 1回あたり 1,420円
言語聴覚療法リハビリ体制強化加算 1回あたり 350円
集団コミュニケーション療法 1回あたり 500円
短期集中リハビリ(入院日より3ヶ月以内) 1日あたり 2,400円
摂食機能療法(1月に4回まで) 1回あたり 2,080円
薬剤管理指導(1月に4回まで) 1回あたり 3,500円

 

居住費及び食費

サービス
の種類
サービス内容 サービス費
居住費 1病床(ベッド)あたり6.4㎡以上の広さが確保され、ゆったりとしたスペースとなっています。また、感染症等により一定期間(30日以内)個室への入院が必要と医師が判断した場合、または著しい精神症状等により、多床室(相部屋)では同室者の心身の状況に重大な影響を及ぼすおそれが高く、個室以外での対応が不可能であると医師が判断した方に関しても、個室の料金ではなく多床室の扱いとなります。
上記以外の方で、個室に入院される方については、従来型個室の料金を負担していただきます。
〈多床室〉
・利用者負担第4段階
 居住費…1日あたり370円
但し、減額対象者は下記の通り
・利用者負担第3段階…1日あたり370円
・利用者負担第2段階…1日あたり370円
・利用者負担第1段階…1日あたり  0円

〈従来型個室〉
・利用者負担第4段階
居住費…1日あたり1,640円
但し、減額対象者は下記の通り
・利用者負担第3段階…1日あたり1,310円
・利用者負担第2段階…1日あたり 490円
・利用者負担第1段階…1日あたり 490円
食 費
*食事/栄養
疾病の治療や健康の回復・維持を図るために、栄養のバランスのとれたおいしい食事を適時に温かい状態で提供します。
食事の提供時間は以下の通りです。
なお、食事は原則として食堂でおとりいただきます。
*苦手な食事、アレルギーがある方は
ご相談下さい。
●朝食…8時 昼食…12時 夕食…18時
・利用者負担第4段階
食費…1日あたり1,700円
但し、減額対象者は下記の通り
・利用者負担第3段階…1日あたり650円
・利用者負担第2段階…1日あたり390円
・利用者負担第1段階…1日あたり300円

 

3.介護保険の給付対象とならないサービスの概要

患者さまのご希望により、その利用料金の全額が患者さまの負担となるサービスです。なお、その内容、利用料金等は次の通りです。

(1)指定介護療養施設サービスにおいて提供される便宜のうち、日常生活においても通常必要となるものに係る費用

  1. 病衣(治療に係るものを除く) 1枚 50円
  2. テレビ代 1日 100円
  3. 健康管理費(インフルエンザ予防接種に係る費用等)
    *実費相当分の範囲内

(2)その他、写真代などのサービスの提供と関係のない費用の徴収が必要となった場合は、予め患者さま又はご家族に対し、その内容及び費用についての説明を行い、同意を得たものに限り、その費用をお支払いいただきます。

 

4.利用料金のお支払い方法

(1)前記の2.3.の料金・費用(利用料)は毎月末でしめて計算いたします。
請求書については前月分を毎月12日以降に発行いたしますので、その月の末日までにお支払い下さい。

(2)請求書は送付いたしておりません。請求金額の内容等についてのお問い合せは、お手数ですが、1階受付までおいで頂くか、お電話でお尋ね下さい。

 

5.保険者(市町村)及び他の関係機関との連携

(1)保険者(市町村)に対する要介護等認定及び更新の申請や、法定代理受領サービス等を受けるために必要な援助を行います。

(2)患者さまに係る診療の提供及び居宅介護支援事業者、保健医療サービス又は福祉サービス機関との密接な連携により総合的なサービスの提供に努めます。

 

6.秘密保持

(1)病院ならびに職員は、業務上知り得た患者さままたはご家族に関する情報を正当な理由なく第三者に漏らしません。

(2)ただし、退院等において患者さまの適切な介護保険サービス利用等に必要と認められる場合は、市町村、居宅介護支援事業者、その他の介護保険事業者あるいは医療機関等に情報提供を行う場合がありますので予めご了承下さい。

 

7.苦情・相談窓口について

※ 相談をされる方の秘密は、守られますので安心してご利用できます。

(1)苦情等の相談窓口
入院のみならず外来他の病院利用に関すること、その他何でも結構です。ご意見、ご要望、お叱りなどお気づきをご遠慮なくご相談下さい。各階において担当者(介護支援専門員)が受け付けます。
また、口頭では伝えにくい内容等がある場合は、各階に『ご意見箱』を設置しておりますので、お気軽にご利用下さい。相談及び苦情等について速やかかつ誠実に対応いたします。

(2)地域連携室
 入院中の経済的な問題、生活の問題等さまざまなお悩みやご相談をお聞きします。
 また、退院後の療養生活についての相談等についても気軽に相談を行なえます。

 

苦情等の相談窓口

医療法人悠紀会病院  受付窓口:前田 隆治(西3階病棟)・竹下 恵美子(4階病棟)
受付曜日 受付時間 連 絡 先
月曜日~土曜日
(日・祝祭日を除く)
午前8時30分~午後5時30分 電話 0968(74)1131
FAX 0968(74)3821
 
国民健康保険団体連合会 総務課介護保険対策室 苦情処理(相談)受付窓口
受付曜日 受付時間 連 絡 先
月曜日~金曜日
(土・日・祝祭日を除く)
午前8時30分~午後5時00分 電話 096(214)1101
FAX 096(214)1105

 

8.事故発生時の対応

(1)患者さまに対する指定介護療養施設サービスの提供により事故が発生した場合には、速やかに市町村、患者さまのご家族等に連絡をするとともに必要な措置を講じます。

(2)患者さまに対する指定介護療養施設サービスの提供により賠償すべき事故が発生した場合には、損害賠償を速やかに行います。但し、病院の責に帰すべからず事由による場合はこの限りではありません。

(3)患者さまに対する指定介護療養施設サービスの提供により事故が発生した場合には、些細な事故であっても管理者に報告され、速やかかつ適切な対応が行われるとともに、事後において再発を防止する対応策を講じます

 

9.お願いとお知らせ

(1)貴重品・多額の現金については、ご持参なさらないようお願いします。

(2)外出・外泊の際は、必ず病棟ステーションにお申し出下さい。医師の許可が必要になります。

(3)病院は全館禁煙となっています。喫煙が周りの人の健康や命に影響します。ご協力をお願いします。

(4)個人の持ち物は、紛失防止のため、必ず「お名前」をフルネームで記入して下さい。

(5)売店は、1階玄関横にあります。
   営業時間は、午前10時~午後1時30分、午後2時30分~午後4時です。
   祝祭日、年末年始は休みとなります。

(6)面会時間は、午前9時~午後9時となっておりますが、時間外に面会をご希望される方は、ご相談下さい。

 

10.患者さまにご協力いただきたいこと

(1)他の患者さまの迷惑になる行為(暴言・迷惑行為等の他者の権利・自由侵害行為)、宗教活動、政治的活動はお控え下さい。

(2)故意に施設・物品に損害を与える事、物品を許可なく持ち出す事は行わないで下さい。

 

11.診療情報の提供及び個人情報の保護に関して

(1)診療情報の提供
患者さまの病状や治療について質問や不安がございましたら、ご遠慮なく直接担当医師または看護師に質問し説明を受けて下さい。この場合には特別の手続きは必要ありません。

(2)診療情報の開示
患者さまの診療記録の閲覧や謄写等をご希望の場合は、遠慮なく担当医師・相談窓口に開示をお申し出下さい。開示・謄写に必要な実費をいただきますので、ご了承下さい。

(3)個人情報の内容訂正・利用停止

  1. 個人情報とは、氏名、住所等の特定の個人を同定できる情報を言います。

  2. 当院が保有する個人情報(診療記録等)が事実と異なる場合は、内容の訂正・利用停止を求めることができます。担当医師にお申し出下さい。調査を行い対応いたします。

(4)個人情報の利用目的

  1. 個人情報は以下の場合を除き、本来の利用目的の範囲を超えて利用いたしません。

  2. 診療の為に利用する他、病院運営、教育・研修、行政命令の遵守、他の医療・介護・福祉施設との連携等のために、個人情報を利用することがあります。また、外部機関による病院評価、学会や出版物等で個人名が特定されないかたちで報告することがあります。

  3. 当院は、医療専門職の研修生を受け入れています。研修・養成の目的で、医療専門職の学生等が、診療、看護、処置・面談等に同席する場合があります。

(5)ご希望の確認と変更

  1. 治療、外来予約(診察・検査・処置・指導等)や入院予定の変更、療養給付・保険証等の確認等、緊急性を認めた内容について、患者さまご本人等に連絡する場合があります。

  2. 外来等での氏名の呼び出し・病室における氏名の掲示を望まれない場合は、電話或いは面会者からの部屋番号等の問い合わせへの回答を望まれない場合には、お申し出下さい。

  3. 一度、出された希望をいつでも変更することが可能です。お気軽にお申出下さい。

(6)個人情報に関する相談窓口
ご質問やご相談は、病棟・部門責任者または、1階受付「個人情報保護苦情・相談窓口(事務部 竹園)」まで、お申し出下さい。

 

DL関連資料ダウンロード

  • 利用約款 PDF形式(641KB) PDFダウンロード 2017年04月01日 更新
  • ご利用者の苦情を処理するために講ずる措置 PDF形式(208KB)PDFダウンロード
    2017年04月01日 更新

 

医療保険の届け出状況介護保険の届け出状況