患者さんの権利と責務

 医療法人悠紀会病院は、基本理念のもと信頼される真心の医療サービスを提供し、患者さんと信頼関係で結ばれた医療を行うことを目指しています。このような考えに基づいて患者さんと医療提供者が協力して良質で最善の医療を行うために、「患者さんの権利と責務」について、次のとおり制定します。

 

(良質の医療を受ける権利)

1.良質な医療を公平に受ける権利があります。

(個人の尊厳)

2.常に人格を尊重される権利があります。

(情報を得る権利、自己決定・選択自由の権利)

3.十分な説明を受け、治療方法などを自らの意思で選択する権利があります。

(セカンドオピニオンを受ける権利)

4. 別の医師の意見(セカンドオピニオン)を受ける権利があります。

(機密保持を得る権利)

5.プライバシーが守られる権利があります。

(情報提供の責務)

6.自身の健康状態に関する情報を正確に医療者に伝える責務があります。

(医療に協力する責務)

7.全ての患者さんが適切な医療を受けるために病院の規則を守る責務があります。

以上