薬局のご案内

  当院薬局では患者様がお薬を安全・確実に使用できるよう、“医薬品の適正使用”を目指して、調剤業務をはじめとする、医薬品の供給・管理とその情報提供などの様々な業務を行っております。お薬に関することは、どんな些細なことでも、どうぞお気軽に薬剤師にご相談ください。

 

薬局について

業務内容の紹介

薬剤の管理・供給

 薬剤を適正な状態で管理保管し、供給します。薬局以外の場所に保管してある薬剤についても定期的にチェックを行っています。

内服薬・外用薬調剤業務

 医師の指示書である処方箋に基づいて、お薬を調剤します。
処方箋の内容に関して服用量や飲み方、他の薬剤との飲み合わせなどをチェックしています。
お薬の種類が多い患者様や、ヒートシールの開封が困難な患者様などには、1回分ずつ袋詰めする“一包化調剤”をして、服用しやすく、また正しく服用できるようにしてお渡ししています。
錠剤の服用が困難な患者様には、散剤や、水に溶けやすい薬剤などに変更依頼をしたり、可能な薬剤は粉砕するなどして、患者様が服用しやすい状態で調剤しています。
外来の患者様には、“薬剤情報提供書”および“お薬手帳”を作成し、お薬の内容に関して、副作用も含めた情報提供を行っています。
患者様のお薬の記録である“お薬手帳”は複数の病院・診療所などでお薬をいただく場合など、同じお薬や飲み合わせの悪いお薬が処方されたりすることの予防などに役立てていただいています。

注射薬調剤業務

 医師の指示書である注射処方箋に基づいて、入院患者様ごとに一日分ずつ取り揃えて病棟へ払い出しをします。
内服薬と同様に、処方箋の内容に関して、投与量や投与方法などのチェックを行っています。
特に、注射薬は数種類を混合して投与する場合があり、混ぜて使用してよいのか、混合により効果が減弱したりしないか、安定性はどうか、あるいは、光・温度などの影響についてなど、さまざまなチェックも行っています。

院内製剤調剤

 製薬会社から市販されておらず、病院内で独自に調製し、院内でのみ使用するお薬を、患者様や病気にあわせて調製しています。

医薬品情報提供

 医薬品集の作成を行ったり、厚生労働省・メーカー等からの様々な情報を、医師をはじめとする医療スタッフなどへ提供しています。
患者様をはじめ、各部署スタッフからの薬剤に関する問い合わせにもお答えしています。

チーム医療への参加
 チーム医療の一員として、様々な場面で、薬剤師としての立場で参加し、関わっています。

スタッフ構成

薬剤師5名
調剤助手2名