基本方針


  1. 利用者が可能な限り、居宅で自立した生活が営めるよう配慮すること。
  2. 利用者の各状況に応じた適切なサービスが、多様な事業者から選択され、提供されるよう配慮すること。
  3. 利用者の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場で公正中立なサービスの提供ができること。
  4. 関係するサービス事業所・公的機関・施設等との密接な連携を図ること。